トップ / 歯列矯正で大人も綺麗な歯

歯列矯正で大人も綺麗な歯

歯列矯正の費用とは

問診票

保険が適用になる矯正歯科

多くの人が、矯正歯科は保険が適用にならないために高額な治療費がかかってしまうと思い込んでいます。しかし、一定の条件を満たせば保険で矯正ができます。その条件とは、病気やケガで顎の骨を失った場合など限られていますが、もしそのような状態になったときには、ぜひ保険を活用して歯並びを改善する治療を受けた方がいいでしょう。なお、一般的な歯並びの悪いケースには保険は残念ながら適用することはできません。治療費は歯科医院によって変わります。

歯科の種類と医師との違い

日本では、歯科医と医師では所有する医師免許が違います。日本では、歯医者さんと呼ばれ親しまれていますが、歯医者になるには、大学歯学部等の所定の大学に6年通い歯科医師国家試験に合格する必要があります。その後1年の研修を経て晴れて歯医者さんとして働く事ができます。大学を選ぶ時点で医師を目指すのか歯医者を目指すのかを選ぶという事です。実は歯医者は開業医の割合が8割程と言われています。この数字を見ると歯医者が多いのも頷けます。一般、矯正、小児、口腔外科の4つを診療科目として掲げる事ができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科をキホンから考えよう. All rights reserved.